おかん、ありがとう。

2021年5月9日は、そう!母の日です。

この日は、アメリカで母親を亡くしたアンナと言う女性が、教会でカーネーションを配ったことから始まったと言われています。

世界中に広まり、日程は各国で違うようですが共通することは“ありがとう”と伝えること。

ところで、おかんについてですが、こんな経験はありませんか?

思春期や反抗期だったあのころ・・・。

その1。

俺:「おかん、明日の朝、7時に起こして。絶対やで。」 そして翌朝・・・

おかん:「7時やで!早よ、起き!起こして言うてたやろ!」

俺:「うるさい!!」

その2

おかん:「夜、何食べたい?」

俺:「何でもええ。」 その夜・・・

俺:「何やねん、これ!?」

 

いろいろなことがありました。矛盾だらけですね。

でも、ひとつ言えることは、どんなときも子どものことを考えてくれていたことではないでしょうか?

そんなおかんに対して、汚い言葉を吐いたこともありましたが、すべてを受け入れてくれていたんだと今となって気付きます。

約10か月ほどおかんのお腹で過ごし、おとんよりも長く一緒にいた・・・。

父母も歳をとり、施設や病院で過ごしている方もいると思います。

どんな状況下であっても・・・。

 

おかんに一言。いや、二言ほど。

“いつも、ありがとう。” “生んでくれて、ありがとう。”

 

コロナが収束し、面会制限が解除になれば、ぜひ会いに来てくださいね~