ゴールデンウイーク中の休日診療体制について

4月28日から5月6日までの間、休日診療を実施します。診療科目は内科・小児科です。

⇒ 休日診療について

麻疹(はしか)診療についてのお知らせ

現在、大阪府内で麻疹(はしか)がひろがっています。麻疹(はしか)は感染力が強く、同じ部屋にいるだけでも感染することがあります。 典型的な麻疹(はしか)は風邪に似た症状で始まり、2度目の発熱時に発疹が出ます。

診断について:基本的には臨床診断(症状から判断する)です。確定診断のために行政検査を行うことがあります。
治療について:麻疹(はしか)ウイルスに対する治療薬はありません。症状にあわせた薬を服用します。

以下の点にご留意下さい。
・麻疹を疑う症状が出て受診される際は、必ず事前に電話にてお問い合わせ下さい。
・受診時は感染拡大を防ぐため、公共交通機関のご利用は控えて下さい。
・ご自身が抗体を持っているかどうか(以前かかったり、ワクチンをうっていて抗体を持っているかどうかのチェック)の検査希望の方は自費になります。 (当センターでは4,320円)
・ワクチン接種も行っています。(風疹との混合ワクチンで8,586円)
感染拡大防止のため、皆様のご協力よろしくお願いいたします。

風疹についてのお知らせ~information~

現在、全国的に風疹が流行しております。
風疹とはせきやくしゃみなどを介してうつる飛沫感染で、主な症状は『発熱・発疹・リンパ節の腫れ』です。
風疹ワクチンの接種歴が「なし」や「不明」の30~50代男性の方の罹患が特に多いです。ワクチンを2回接種すれば99%の免疫ができますが、この年代の男性の抗体保有率は低くなっています。
妊娠初期の女性が風疹ウイルスに感染すると、生まれてくる子供に、目や耳、心臓に障害をおこす「先天性風疹症候群(CSR)」になることがあります。
罹患歴、予防接種歴が明らかでない方は、風疹の抗体検査や予防接種をお勧めします。お問い合わせ、ご予約は診療センター(072-267-0003)まで。
風疹の詳細については、下記の記事が参考になりますので、御覧ください。

風疹患者拡大中 30~50代男性、高い感染リスク (NIKKEI STYLE)

外来終了のお知らせ

眼科外来は、平成31年3月28日をもって終了させて頂きました。

施設型病児保育

お子様の急な発病などに対して、保護者の方が就労又は病気その他やむを得ない事由により、ご家庭でお子様を看ることが出来ない場合に、市立診療センター内の病児保育室で一時的に保育する事業です。… 続きを読む(高石市HPへのリンク)

高石市病児保育室の利用について(PDF)

忘れ物・落とし物の取り扱いについて

当センターでの拾得物取り扱いについては、持ち主不明な物は3ヶ月間保管致しますが、その期間を過ぎた物については廃棄処分とさせていただきます。 尚、現金につきましては警察署へ届けることと致します。ご了承下さいます様、宜しくお願い致します。落とし物にお心当たりがある方はお早めに受付にお尋ね下さい。

高石市立診療センター

〒592-0002 大阪府高石市羽衣4丁目4番26号 TEL 072-267-0003


ページトップに戻る