がんばれ!実習生のみなさん。

現在、大阪社会福祉専門学校より4名の実習生が介護福祉士の資格取得のため、勉強しに来ています。その中には、遥か母国から離れて、自分のため・家族のためと頑張っている外国人の実習生さんもいます。日本語も併せて勉強しているので本当に大変だと思います。もちろん、日本人の学生さんも強い志をもって実習に臨んでくれています。

ところで、私自身も数十年前は若くて、初々しい学生の頃があり、実習も経験しました・・・。

「○○社会福祉専門学校から来ました、●●です。今日の目標は・・・です。宜しくお願い致します。」から始まります。毎日、目標を立てるのは大変で、何回、「○○社会福祉専門学校から来ました。」と言ったことでしょう。“もう知ってるやろう!”と心の中で思うんです(笑)。

学生さんは技術を学び、現場の雰囲気を肌で感じてもらい、受け入れる側は志を持ち続けてもらえるようにすることが大切だと思います。資格を習得しても福祉とは無関係な仕事に就く方もいますが、是非この業界で頑張ってくれることを期待しています。

私自身も実習生の担当に就き、質問に対して答えられるようにしていますが、改めて“いい所を見ているな~。”、“そういう考えがあるのか~。”など気付かされることも少なくはありません。また、初心に戻ることができる良い機会かも知れませんね。

(I.K.)